大井川鐵道のトーマス号に乗ってきた感想

2018年9月18日

大井川鐵道のトーマス号に乗ってきました

トーマス大好きな息子のため7月某日、親子4人で大井川鐵道のトーマス号に乗ってきました。

トーマス号公式

子供用に持っていったもの

子供の月齢:1歳7ヶ月&3歳7ヶ月

・飲料水(真夏日でしたので多めに現地購入)
・おむつ(おむつを卒業している3歳君分も)
・替えの着替え

現地までの移動は車(駐車場有)、ベビーカーは持って行きませんでした。折りたためるのであればベビーカーもトーマス号に乗せることはできるようです。

大井川鐵道のトーマス号とは

静岡県の大井川本線(新金谷駅~千頭駅)を期間限定で走る蒸気機関車。蒸気機関車C11に「きかんしゃトーマス」のキャラクターを装飾した特別列車です。
地方鉄道は経営が成り立たないほど厳しいとも聞きます。大井川鐵道は「蒸気機関車」や「きかんしゃトーマス号」を運行し観光鉄道として再生を図っているのでしょう。

「トーマス号」は主に土日月に運行しています。8月中旬のお盆時期はほぼ毎日運行。運転日には基本的に「トーマス号」が1往復ですが「ジェームス号」が加わって、トーマスとジェームスがそれぞれ1往復する日もあります。

トーマス号に乗るには

例年ローソンチケットで①特別往復乗車チケット②片道乗車チケットの2種類を販売しています。エントリーして当選すれば購入することができます。(大型連休は当選率が低いようです)

※特別往復乗車チケットは先行抽選販売のみ販売。先行抽選販売の終了後は片道乗車チケットの販売となる。
※ローソンチケット内きかんしゃトーマス号・ジェームス号運転のページは(http://l-tike.com/event/thomas)

公式ホームページ 公式|大井川鐵道(http://oigawa-railway.co.jp)
運行時期 2018年度は6/9(土)~10/14(日)

トーマス号の乗車料金

往復乗車券 大人6500円、子供3000円
片道大人3000円、子供1500円

※小学生未満のお子様で座席不要であれば運賃は無料
座席不要であれば運賃は無料=膝の上に子供を座らせないといけなくるケースもありますので小さいお子様分も乗車券購入がお勧めです。
座席は全て4人がけのBOX席でした。

トーマス号内のトイレ

7車両あって2カ所のみでした。旧式電車なのでトイレの設備は古いです。子供が用を足すのを嫌がり困りましたw

トーマス号の乗車時間

大井川本線の新金谷駅~千頭駅間を約70分かけゆっくりと走ります。点検の為、途中駅で停車しますが下車は終着の千頭駅までできません。

トーマス号に乗車してわかった注意点

古い客車(蒸気機関車)なので冷房機がありません。夏場は暑いので冷たい飲み物などは忘れないように(車内販売もありますが売り切れている商品も多かったです)。
運行中、窓を開けるとススが入ってきます。先頭車両だと煙も入ってくるかもしれません。衣服類は汚れることもあります。

トーマス号に乗車した感想

子供は大好きなトーマスに乗ることができて大満足。千頭駅到着後も駅構内のトーマスフェア会場で走り回っていました。
しかし乗車日にもよるのでしょうが人が多く(子供も当然多い)、ただただ暑かったという印象が残っています。
現地にある休憩場も冷房は入っていましたが人が多く効きが悪かったです。
千頭駅到着後は一旦駅を出て、混み入っていない駅周辺の飲食店で休憩するのが熱中症対策的にもお勧めです。
子供は暑くても夢中になって遊び続けてしますので…


新金谷駅風景

トーマス号

トーマス号からの風景

千頭駅近くの大井川

千頭駅

るるぶ静岡 清水 浜名湖 富士山麓 伊豆’18 (るるぶ情報版 中部 2)

新品価格
¥972から
(2018/8/24 16:15時点)

その他の麻雀ブログランキング