雀荘メンバー業、雀荘業について 麻雀ブログ

フリー雀荘デビューのお客さんから質問攻めw【麻雀】

2017/06/21

先日遅めの出勤をした日の事。
自分の出番を待ち席に座りのんびり待っていると2人の若者が店に入って来た。

若者AB(新規のお客さん)
すいませ〜ん。ここレートいくらすか?

卓に入っているメンバーが返答した。

メンバー
ピンのワンスリーです。初めての御来店でしたらルール説明致しますのでソファーにおかけになってお待ち下さい。

あいにくメンバーは全員卓に入って麻雀を打っている。
私も店側の人間だが制服も着てないのにルール説明するわけにはいかないので気にせずにいると1人が話しかけてきた。

フリー雀荘のレート表記の見方

若者A
ピンのワンスリーってことはいくらなんですか?
LAG(このブログの管理人 200%美化)
(初フリー?)ピンのワンスリーはピンのワンスリーだけどw。1回ラスひくとだいたい6000Gだよ。あと他にゲーム代と祝儀が…。

───フリー雀荘に行った事がない人からすると雀荘レートの表記ってわかりづらいな。なるほどと思った。

1-1-3 と書かれていた場合は
先頭の1が千点あたりの額を差し「1で100G」となります。
後半の1-3が順位ウマを差します。

※順位ウマとはゲーム終了時の順位に基づいてやりとりされる点数のことです。
この場合は千点100G(ピン)のウマが1000G(ワン)、3000G(スリー)。
1位が+30000点分(+3000G)
2位が+10000点分(+1000G)
3位がー10000点分(ー1000G)
4位がー30000点分(ー3000G)

一般的には25000点持ちの30000点返し(25000点で持ち点スタートで30000点からの清算となる。5000点分はトップの取り分)ですので、ちょうど0点終了で6000Gの支払いとなる。 (点数分で3000G+ウマで3000G)

店やレートにより異なるが、その他にゲーム代金が400G〜700Gと、祝儀と呼ばれる赤牌・一発・裏ドラに対する懸賞100G〜500Gをやりとりすることになります。

麻雀牌を使って{① ー ① ー ③}と表示されている場合もあります

ちなみに0.5-1-2と書かれていた場合は
千点50G(ゴ)のウマが500G(ゴ)-1000G(トー)

フリー雀荘に行くときの所持金

どうせ暇なのでと簡単にレートの説明してあげるとさらに色々聞かれた。

若者A
いくらくらいあれば遊べますかね?
LAG
3万Gくらいあれば、まぁ遊べるんじゃない?なくなりそうになったら、その半荘で止めても大丈夫だし。

レートの300倍持っていればおおむね大丈夫(多いに越した事はない)
1000点100Gのピンなら30000G以上
1000点50Gのテンゴなら15000G以上
※万が一足りなくなってもお店が立て替えますが(全部の雀荘がというわけではないと思います)、この半荘でラスを取ったら足りなくなるというような状態にはしないこと。

一般的なフリー雀荘のレート

若者A
ピンって普通のレートなんですかね?
LAG
普通と言えば普通だけど…でもあっちにもう少しレートの安い雀荘があるよ。フリー初めてならそっちに行った方がいいかもよ

テンゴと呼ばれる「0.5-1-2」、ピン雀と呼ばれる「1-1-3」が一般的。これ以上のレートの雀荘はよろしくないかも。
最近はテンサン「0.3-?-?」、テンニ「0.2-?-?」やノーレートの雀荘もあるのでフリー雀荘デビューするなら財布と相談してお店を選んだ方がよい。

若者B
さっきそっちに行ったんですけど、2人いっしょには打てないって言われたんで…ここは大丈夫なんですかね?
LAG
卓の状況によるから、それはメンバーに聞いてみないとわからないな。

などなど。そうこうしているうちにメンバー2入りの卓がバテてメンバーがやってきた。

メンバー
初めての御来店ですね。ありがとうございます。ではまずこちらにお名前等をご記入下さい

我が店舗では新規のお客さんには

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 職業
  • フリー雀荘で遊んだ経験の有無
  • フリー雀荘に遊びに行く頻度
  • 何を見て来店されたか
を確認するようになっている。どの雀荘でもこんなものだろうけど。

正直なところ氏名や年齢、住所なんぞは店側もあまり気にはしておらず、気にしているのは「フリー雀荘で遊んだ経験の有無、遊びに行く頻度、何を見て来店されたか」であろう。

フリー雀荘で遊んだ経験の無いにチェックをつけた若者のお客さんにはさらに

  • リアル麻雀をやったことはあるか?
  • 点数計算はなんとなくでもできるか?
  • 清算システムを理解しているか?
を口頭で確認し丁寧に清算システム(半荘毎に清算しラスだとどれくらい支払うことになるか)を説明する。場合によっては先程の私と同じように近場にあるテンゴの雀荘を紹介する。

どうやら二人ともリアル麻雀の経験はあるようで、ここで打つ気まんまんだ。

───卓の状況的に同卓しそうな感じがするなと思っているとメンバーがわたしに耳打ちしてきた。

メンバー
新しく卓を伸ばすので新規のお客様とおつきあいいただけますか?
若者A
いっしょに打てるんですね。宜しくお願いします
LAG
(ずいぶん馴れ馴れしいなw。まぁいいか。)

こうしてこの若者2人と同卓することになったのだが、この話はまた今度...いつかに

その他の麻雀ブログランキング

-雀荘メンバー業、雀荘業について, 麻雀ブログ
-