雀荘メンバー業、雀荘業について 麻雀ブログ

負け過ぎる麻雀店メンバーの悪い原因【雀荘業】

2017/06/21

麻雀で負け過ぎるのは原因がある

最近このブログに度々出てくるRさんによく話しかけられる。

Rさん(雀荘メンバー)
ようやく来週から麻雀が打てるんだけど、どう打てばあまり負けないで済むかな?

10月1日より禁じられていた本走(仕事中にお客さんと麻雀を打つ事)ができるようだ。
経緯詳細

LAG(このブログの管理人で雀荘裏メン)
立ち番して打たなければ負けないじゃないですか〜w
Rさん
いやいやそういう訳にはいかないでしょ。なんか僕にアドバイスないですか?

どう打てばと言われても困るが、給料が残らないor負け過ぎメンバーの原因はなんとなくは分かる。

押し過ぎ

負けすぎメンバーの原因ランキングがあったら第一位はこれだろう。

特に赤が手牌にあるときなのだろうが、リーチや仕掛けに対して押し過ぎる。
赤は和了って初めて祝儀になるもので和了れなきゃただのドラ
イーシャンテンからの放銃ならまだしも、リャンシャンテン以下の手牌からリーチへの放銃は極力避けたい。

無駄なダマテン

先攻なのにそれダマるの?となるようなダマ。
・ピンフ系+2翻のダマ(ピンフドラ2等)
・タンヤオ+1翻のダマ

打点上昇率が高い手はダマにする理由を探すほうが難しい。
ダマなら和了れてたものがリーチによって和了れなくなるというパターンもあるが、ラス前やオーラス等の特殊な状況でなければリーチでいいでしょう。

遠すぎる上に守備力の低い仕掛けをよくする

デジタル系のプロ雀士やネット麻雀のトッププレイヤーは仕掛けを有効活用して結果を出しています。
しかしそれは上級者だからできることだと思う。

私自身も仕事で長時間打つときは仕掛けを少し自重して打つようにしている(今のところ)。
なんか疲れるんですよw

真似したいのはわかるが常に他家の手牌進行状況や安牌を気にしたりと精度の高い判断が度々求められるので個人的にはおすすめしない。
安手テンパイ時に他家の手とぶつかってに引くに引けず放銃というパターンも減らしたいですね。

Rさんの負け過ぎ原因はやはり1つ目の押し過ぎだと思う。
でもそれだけを言ったところで簡単には修正出来ないし、むしろRさんの中での基準が狂って余計ひどい結果になる可能性もある。

やはり打数をこなして自分の現在の基準から少しずつ守備よりに修正していくのが1番の近道だと思う。

LAG(このブログの管理人で雀荘裏メン)
わからんす。立ち番の時に他のメンバーの麻雀を見て勉強するしかないんじゃないですか?
Rさん
じゃあLAGさんの見てます!
LAG
それは気になるからそれは止めて下さい!

その他の麻雀ブログランキング

-雀荘メンバー業、雀荘業について, 麻雀ブログ
-,